事業の目的と概要



目的

まだ十分に利用開発が進んでいないスィートソルガムを用いたバイオ燃料生産システムの開発と最適化を図る。

首都圏近郊の地域農業の新しいあり方として、増加する耕作放棄地での栽培システムの確立をめざす。

作物の養分吸収特性を利用した環境浄化技術を開発し、栄養塩類負荷軽減を図る。


取組内容の概要

スイートソルガム栽培の最適化: 作物学、植物栄養学、土壌学など多面的な観点から、耕作放棄地等での栽培至適システムを開発する。<阿見町との連携>

オンサイト発酵生産システムの開発: アルコール発酵生産に最適な搾汁液の調製方法と発酵条件を開発する。

地域バイオ燃料生産の評価: 日立市と阿見町の地域社会をモデルとして、栽培から発酵生産、利用までのシステムの開発を行い、本事業での代替エネルギー生産の効果を経済的に評価する。